自分で少しずつの練習、根気よくやっていく包茎の治療

真性包茎の手入れ

真性包茎は包皮口が癒着していたり非常に狭いことが原因になっています。その包皮の中は非常に不衛生になってしまっているでしょう。それを放置していると包皮の中が不衛生の状態のままになり、匂いや病原菌のもとになります。真性包茎を治療する際にはまず清潔に保つことを心がけましょう。

 

真性包茎の状態ではほうっておいて汚れが流れるということはありません。入浴時に入念に綺麗にする必要があります。包皮を引っ張って包皮の中にお湯を入れましょう。それを出し入れしていると中の汚れが出てきます。これを繰り返すことによって清潔に保つことができるでしょう。亀頭周りの包皮も同様に洗っていく必要があります。包皮の内側は思っている以上に汚いということを理解しておきましょう。

 

亀頭を少しで露出する子とが出来る場合には亀頭を石鹸などで洗っておきましょう。こすり洗いすると痛いので、つけて流すくらいで十分でしょう。しっかりとすすいで洗浄の完了になります。

 

この際ついでに包皮を剥く練習をしてみましょう。軽度の真性包茎の場合にはこれでも十分仮性包茎に近づくことができるでしょう。

 

普段から亀頭を露出することは心がけておきましょう。包皮から亀頭を出した状態で下着をはきましょう。最初は違和感があるかもしれませんが、慣れれば問題ありません。下着に包皮からのゴミが付くかもしれませんが、払っておくことで清潔に保てます。面倒かもしれませんが、包茎の治療のためには必要なことでしょう。