自分で少しずつの練習、根気よくやっていく包茎の治療

包茎は性病になりやすいのか

包茎は病気になりやすいと言われています。実は包茎と病気には関係があります。包茎は病気になりやすいというのは事実です。
日本人の大半は仮性包茎だとされています。その為すべての人が病気について考えておく必要があるのです。性病にかかってからでは遅いのでしっかりと予防する必要があるでしょう。

 

包茎の人が最もなりやすい性病は、亀頭包皮炎という病気です。これは亀頭の炎症や雑菌によって発症する皮膚炎の一種です。この亀頭包皮炎は感染しないとされている病気なので、性行為で観戦するということはないでしょう。
発症すると亀頭部分の包皮が赤くなります。ただれたりぶつぶつが出来たりすることもあります。痒かったり痛かったりするので性行為どころではないかもしれません。

 

予防方法としては清潔にするということが一番でしょう。包茎は亀頭が包皮に覆われた状態です。そのため包皮の内側が不衛生になりがちです。雑菌が入るとそれを洗うことができない状況になるので、包茎のほうが包皮炎になりやすいというのは仕方ないことでしょう。そういった病気に度々なるという場合には包茎手術を検討してもいいかもしれません。

 

もしそういった病気になった場合には医師に相談しましょう。自分で対処しても良くならないことが多いです。しっかりとした専門の薬を貰えば確実に治すことができます。医師に相談して正しい治療を行うようにしましょう。