自分で少しずつの練習、根気よくやっていく包茎の治療

真性包茎とは

包茎には種類があり、亀頭が包皮に覆われた状態で、自分の意志でも亀頭を露出することができない状態になっている包茎を、真性包茎と言います。
仮性包茎は亀頭が包皮に覆われた状態ですが、自分の意志で亀頭を露出することができます。
真性包茎は包皮口が癒着していたり、非常に狭くなっています。
そのため亀頭を露出することができないのです。


特に癒着している場合には無理に亀頭を露出しようとすると、出血することがあります。
亀頭は包皮につつまれているので、そのままでは不衛生になってしまいがちです
。そのため病気の原因にもなっています。
そういった病原菌を性行為によって女性に移してしまうということもあります。

 

真性包茎は基本的に病院で治療する必要があります。治療方法は手術になるでしょう。
軽い真性包茎の場合には、自力で治療することによって仮性包茎の状態にすることができます。
自分で少しずつ亀頭を露出する練習をしていくのです。最初は痛いかもしれませんが、根気よくやっていると包皮口が広がっていくようです。
ここで無理をしないように注意が必要です。
もしやりにくいという場合には器具を利用することができます。
そういった器具は簡単に購入することができるので、調べてみるといいでしょう。

 

包皮が癒着している場合には手術をするしかないでしょう。まずは専門医に相談してみてください。自分の状態がどういったものかを教えてくれるでしょう。
話題のサイト:安全な知識で選ぶ包茎クリニック